女性ホルモンとシミ|事前に医師と相談|ほうれい線は整形で完璧に消せる

事前に医師と相談|ほうれい線は整形で完璧に消せる

ウーマン

女性ホルモンとシミ

レディ

病院での診察

シミが気になっている女性はとても多くいると思います。顔の中でシミが気になる部分は、目の下の頬骨の辺りや頬やこめかみなど顔の中心に多く、お化粧をするたびにその部位へ目がいってしまいます。特に頬骨の辺りのシミは大小様々な大きさで重なり合う様に出来ているのをよく見かけます。シミが急に出現して気になる年代である30代から40代の女性には肝斑の可能性のあるシミも多く見られます。肝斑は女性ホルモンのバランスに大きく関係しているシミであり、治療に注意が必要なシミになってきます。女性の身体にとってデリケートな年代に出来やすいシミなので、もしこのシミは肝斑かもしれないと思ったら、速やかに病院に行って医師に診察をしてもらう事をお薦めします。

内服薬が有効

一般的に肝斑のシミは病院でシミ治療に人気のあるレーザー治療は受けない方が良いと考えている医師が多い様です。肝斑によく似たシミとして遅発性両側性太田母斑と言うものがあり、こちらはレーザー治療が有効であると考えられています。この様にシミの診断と治療には注意が必要なので、シミの治療に対して積極的な美容皮膚科などを受診する事もお薦めです。肝斑にはトラネキサム酸と言う成分が効き内服薬による治療が有効であります。皮膚の中に有効成分を届ける事で皮膚の表面にあるシミを薄くしていく効果があります。また内服薬と一緒に紫外線対策がとても重要になってきます。肌のターンオーバーの28日に合わせて病院で効果を見ていくと良いとされています。