腫れぼったい瞼を綺麗に|事前に医師と相談|ほうれい線は整形で完璧に消せる

事前に医師と相談|ほうれい線は整形で完璧に消せる

ウーマン

腫れぼったい瞼を綺麗に

医師

綺麗な目元を作るには

眼瞼下垂は、瞼を引き上げる筋肉が弱くて十分目が開かない状態を指し、見ること自体に支障が出て、美容の面でも気になるものです。眼瞼下垂の治療法には切開して眼瞼挙筋を短縮するものや前頭筋吊り上げ法、それほど重い症状でなければ、切らない埋没式挙筋短縮法があります。眼瞼下垂の名医といわれる先生は、切らない埋没式挙筋短縮法を勧めている方が多くいます。切らないことで身体の負担は軽減され、ほとんど腫れもなくダウンタイムが必要ないほどの手術でスッキリ目が開くようになるからです。また切開した場合は元には戻せませんが、埋没法では万一気に入らなければ元の状態に戻すことが可能なので、名医によるこの手術法で全国からだけでなく海外からも治療に来る人が多いのです。

納得できる先生とは

しかし埋没法しかしない名医ばかりではありません。切開を行う手術の場合でも筋肉や脂肪を、目を開ける筋肉のバランスを考えて適切な切除を行うことで自然な目にすることができる名医もいます。多すぎる脂肪や筋肉を取らずに埋没法をしても不自然な目になって本人の希望通りにならないことも多々あります。一人ひとりの目の状態を的確に判断し、切開が必用なら切開手術を勧めてくれる医師が本当の名医であるといえます。埋没法は元に戻せるという最後の手段があるので、美容の面でも気軽にできるという利点はありますが、最終的に眼瞼下垂が治ってかつ美しい目になるためには、どの治療法が最適なのかを見極めることのできる名医が見つかるまで実際に訪ねてから決断するのがよいでしょう。